光とADSL比較

インターネットをするのに光とADSLではどちらが良いのか比較します。

光回線とADSL回線を比較してみようでないの

今やインターネットが欠かせないわけですが、そのインターネットをするには回線契約というのが要りますね。
それでその回線でありますが、できるだけ高速で安価に利用できるに越したことはないのでありますが、その手始めとして「ADSL」が10年くらい前から登場して全国的に大普及してそれは確かに成功しましたね。
ですが、それは距離が延びるにつれて速度が低下するという欠点がありましてそれで距離が遠いひとだとせいぜい3Mくらいしか出ないひともかなり多くいますね。
というわけで距離にかかわらずそれ以上の高速通信を可能にする手として「光」が開発整備され今では大半の人が光になったのはすでに承知のとおりですね。
そんな光ですが、もしこれからインターネットを開通させてネットをしたいというひとはこの際その光回線とADSLをいろんな視点で「比較」検討しておこうじゃないですか。
そして子費用対効果をよく考えてから結論を出して決めればいいでしょう。

ADSLと光を比較どちらがお得か



現在は光が最も速い部類に入ると言われていますが、実際、ADSLも結構速くなっています。
結局のところ、アクセスが集中している場合、光とADSLの差はあまりないと思います。
光に関しても、速度が変化し、必ず最高のスピードを出しているとは限りません。
最も速いADSLのコースと、一般的な光回線のコースを比較してみましたが、体感的に言っても、差は感じられませんでした。
マンションなどの集合住宅の場合は、光であっても、DSLが使用されている為だからだと思います。
速度を毎回計測していますが、その速度は、大体ADSLの最高速度と同等であることが多いです。
光の方が、最高速度は速いですが、ずっと最高速ではないというのが実感です。
新幹線が、ずっと最高速で走っているのではないということです。
減速、加速があるのです。
それでも、最高速度を求めるのであれば光、価格で選ぶなら、ADSLといったところでしょうか。
どちらも安定しているので、状況に応じて選択すればいいと思います。

光ファイバーとADSLのビギナー向け比較



インターネットの通信手段として提供されているADSLと光。
モデム回線の頃からパソコンを利用していた方ならその違いを知らない方はいないだろうが、これからパソコンを家庭で購入しようとしている人なら、わからない人も多いだろう。
最近は家電量販店などでパソコンを購入するとき値引きの条件になったりもするプロバイダの加入。
店ですすめてくるのも光だったりADSLだったりまちまち。
良心的なお店では詳しくわかりやすく比較説明をしてくれます。
よく言われるのはADSLだとノイズを受けやすいとか電話基地局から遠いと通信速度が遅くなるとか。
それでも利用料金が安いことや初期工事費用が安いという利点。
それに最大転送速度が遅い、一方の光は料金高、工事費高、ただし最大転送速度は速く通信も安定しているというもの。
ただ問題はパソコンでの回線の利用状況と環境。
パソコンでひかりTVなど動画目的なら光は必須だが、インターネットの閲覧とかネットショッピングしかしないのであればADSLでも充分。
重たいOSやソフトを背負うパソコンの処理能力からすれば、通信だけ高速になっても無意味。
という考え方もあります。
光が導入された際、ADSLは廃止とささやかれましたが、もう5年も経ってADSLはいまだ健在。
ところで料金ですがだいたい月々で1000円以上の差、それに初期費用では15000円ぐらいの差があります。
最初ADSLで2年後に光に乗り換えても通産の支払額は同じぐらいなので、ローエンドパソコンから入るビギナーにはADSLから入って損はありません。

最も快適性が高く、高速でインターネットが出来ると言う点においては圧倒的に光回線が得手ではありますが、対応エリアや通信事業者、サービス品質、コスト面を考慮した結果、ADSLやCATV回線の方が利用価値が高かったと言うケースも少なからず存在しているため、やはり十分な考慮をしておくことが望ましいと言えるでしょう。
引用元:ネット回線契約お得?おすすめは? 【安いネット回線契約のコツ】